「キラーロボット」とも呼ばれる完全自律型兵器は、人間の介入なしにターゲットを選択して攻撃することのできる兵器です。 ドローン兵器などのこれらの武器の先駆けは、中国、イスラエル、韓国、ロシア、英国、米国などの国々によって開発および使用されています。 完全自律型兵器は、区別原則、比例原則、軍事的必要性を含む国際人道法の諸原則への遵守が疑問視されており、また、生命に対する基本的権利と人間の尊厳の原則を脅かす可能性があると問題視されています。 ヒューマン・ライツ・ウォッチは、完全自律型兵器の開発、製造、使用の先制的禁止を求めています。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、キラーロボット反対キャンペーンの創設メンバーであり、グローバル・コーディネーターを務めています。

News