(ワシントンDC)-コロンビアのイトゥアンゴでおきたパーティー会場への爆弾攻撃は、一般市民に対する弁明の余地のない攻撃であり、犯人を訴追すべきである、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。

2008年8月14日、コロンビア北西部のアンティオキア県のイトゥアンゴ市で数百人の住民が町の伝統的な祭り「イトゥアンギニティー・フェスティバル(Festival of Ituanguinity)」を路上で祝っていたところ、爆弾が爆発した。報道によると、未成年者を含む7名が死亡、およそ52名が負傷した。


「これは何ら正当化することができない残酷で非人間的な攻撃であり、全世界から非難されるべきである」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチの南北アメリカ局長、ホセ・ミゲル・ビバンコは述べた。

当局はこの爆弾テロを、左翼ゲリラFARC(コロンビア革命軍)第18戦線の行為であるとしている。コロンビアのオンブズマン局(Defensoría del Pueblo)は従前より、イトゥアンゴ市の一般市民が現地のFARCやコカイン密売人の活動のために危険に曝されているという報告を、早期警報システム経由で当局宛に発していた。動機は未だ不明である。
  
ヒューマン・ライツ・ウォッチは、この爆弾テロはFARCの手口の特徴から外れたものではないと述べた。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、少年兵の徴兵、対人地雷の使用、一般市民の誘拐及び殺害などを組織的に行っているFARCの実情について、報告書をいくつもまとめてきた。

「人道法や人権法はもちろん、一般市民の生命をも露骨に軽んじるFARCの姿勢は、一貫して顕著なままだ。」とビバンコは述べた。