Skip to main content

ケネス・ロス代表、ブッシュ政権時代の拷問とCIAの関与否定についてコメント

オバマ大統領は残り2年の任期中に訴追を

「今回の上院調査委員会報告書要旨は、拷問実施を否定してきたCIAの主張を退ける決定打だ。拷問は犯罪であり、決して正当化できない」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表は述べた。「アメリカ市民の保護には厳格な措置が必要だったとの説明が繰り返されてきたが、本報告書はこれを退けるものだ。」
 
こうした重要な真相究明プロセスが当局者の訴追につながらない限り、拷問は今後の政権でも「政策上の選択肢」となり続けるだろう。
 
ヒューマン・ライツ・ウォッチは上院報告書の内容を検討中であり、今後も継続的にアップデートします。

 

USA and Torture: A History of Hypocrisy >>

 

Special Focus: Senate Torture Report >>

Your tax deductible gift can help stop human rights violations and save lives around the world.