Skip to main content

ギニア - 家政婦として働かされている児童労働者の保護強化へ

ギニアで家政婦として働かされる児童労働者問題についての報告書の発行に引き続き、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、世間の関心を高めるため、ギニア国内のほぼ全てのラジオ局で同問題について語るなどして、メディアを利用した啓発活動を行いました。また、他グループと共に、ギニア新児童法の制定を働きかけ、これに成功しました。この新児童法は、子どもたちの法的保護をより確実なものとし、またNGOが子どもたちを法的に代理することを可能とするものです。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、国際移住機構(IOM)やギニアのNGOと協力し、家政婦とするためにギニアに人身売買されてきた5人のマリ人少女の本国帰還を実現しました。米国務省の人身売買年次報告書は、ギニアにおける家政婦労働目的の人身売買の被害に遭った少女達のケースを記録したヒューマン・ライツ・ウォッチの報告書に基づき、ギニアの順位を降格させました。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、何万人もの少女が、長ければ一日に18時間もほぼ無報酬で家政婦労働をさせられていること、さらに、多くのケースで、少女たちがひどい扱いをされ、雇用主から身体的・性的暴力を振るわれながら働いている現状を明らかにしていました。

Your tax deductible gift can help stop human rights violations and save lives around the world.