Chinese artist and outspoken critic Ai Weiwei unveils his installation at the Tate Modern Museum in London on October 11, 2010.

© 2010 Getty Images

(ニューヨーク) - 中国政府は、著名な芸術家である艾未未(Ai Weiwei) 氏を直ちに釈放し、反体制派活動家への恣意的な弾圧を止めるべきである、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。艾氏はその政府に対する厳しい批判で知られる。艾氏は2011年4月2日の朝、香港行きの飛行機に乗ろうと北京空港に出向いた際に逮捕された。国内および国際的な多大な関心にもかかわらず、中国政府は、艾氏が拘禁されている場所や彼の逮捕の理由を開示することを拒否している。

艾氏に対するこのような情報を遮断した隔離拘束は、刑事訴追の前兆であることが多い、とヒューマン・ライツ・ウォッチは指摘。

ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア・アドボカシー局長ソフィー・リチャードソンは「艾未未氏の逮捕は、中国においてすでに弾圧は深刻であるにもかかわらず、これが更にエスカレートしている実態を反映している」と語る。「今、艾未未氏を助けることができるのは、継続的な国際的圧力だけである。」

艾氏の拘束を中国政府が最初に認めたと見られるのは、4月6日の国営グローバルタイムズ(Global Times)掲載のある新聞記事。艾氏は活動家であることに対し「代償を払う」のだとし、政府に対する彼の批判に「法律は譲歩しない」と発表した。

中国政府による艾未未氏の拘束は、慎重に計画されていたとみられる。彼が逮捕された日、北京公安が北京の郊外にある彼のアートスタジオを捜索し、更に彼のスタッフ8人、妻の路青(Lu Qing) 氏、艾氏の友人で弁護士の劉暁原(Liu Xiaoyuan) 氏を尋問のために連行。但し、全員その日中に釈放された。公安は、コンピュータ、ハードドライブなどを押収。国営メディアは、この事件を報道しないよう指示されており、インターネットや、ツイッターの中国版といえる "Weibo"(微博)など、人気のマイクロブログでも、艾未未氏の逮捕への言及はすべて検閲された。

中国の法律では、公安は、個人を逮捕した場合、釈放するか又は検察に逮捕令状請求するかを決定するまでに、最長3日間までその個人を拘束できるとされている。しかし、公安はしばしば、拘禁を7日間に延長する(限られた状況では30日)例外条項を濫用している。また、法律上は、弁護士が拘禁中の被疑者に接見する権利を定めているものの、実際には、公安が日常的に弁護士の接見を妨害している。

艾氏の弁護士で北京の著名な弁護士である浦志強(Pu Zhiqiang)氏は、これまで、依頼人である艾氏への接見はもちろん、逮捕に関する正式な通知を得ることさえ妨害されている。中国では通常、検察による逮捕の承認がされれば、その後はほぼ自動的に、起訴・有罪判決・刑罰(多くの場合は投獄)が待っているのが実態である。2010年ノーベル平和賞受賞者の劉暁波(Liu Xiaobo)氏は、海外で出版された論文の内容を理由として、2009年12月、懲役11年の刑を宣告されたが、その前1年間拘禁されていた。

「中国当局は、艾未未氏の正式な逮捕に向けた準備をしていると見られる」と前出のリチャードソンは述べる。「これは非常に悪い徴候だ。中国政府を批判する人に対し、公正な裁判は行なわれないからだ。」

政府批判や平和的な社会運動を理由に、中国政府によって逮捕、失踪、自宅軟禁、尋問のための召喚、逮捕をすると脅迫をされた人は、2007年2月半ば以降だけで200人以上にのぼっている。中国の非常に著名な人権弁護士6人、滕彪(Teng Biao)氏、唐吉田(Tang Jitian)氏、江天勇(Jiang Tianyong)氏、劉士輝(Liu Shihui)氏、唐荆陵(Tang Jingling)氏、李天天(Li Tiantian)氏は、公安に「失踪」させられた状態にあり、虐待や拷問にさらされる深刻な危険性がある。

また、4人の著名な活動家、冉雲飛(Ran Yunfei)氏、陳衛(Cheng Wei)氏、丁矛(Ding Mao)氏、双德(Li Shuangde)氏は、治安関連容疑で正式に逮捕されている。3月25日、長年の活動家である 顯斌(Liu Xianbin)氏は、「国家政権転覆扇動」の罪で10年の刑を宣告された。政府はまた、インターネットの検閲を大幅に強化。リベラルな新聞の編集人の中には強制的に退陣させられた人びとがいるほか、外国メディアに対しては北京での報道に対し新たな制約を課した。

最も有名な中国の芸術家の1人で、ロンドンのテート・モダン(Tate Modern)で現在展覧会を開催中の艾氏。その逮捕に対し、複数の外国政府が声をあげている。ドイツのギド・ヴェスターヴェレ(Guido Westerwelle)外相は、彼の安否に関する「緊急の説明」を中国に呼びかけた。英国のウィリアム・ヘイグ(William Hague)外相は、「早急に艾氏の状況​​と、健康と安全を明らかに」するよう政府に求めた。欧州連合の北京代表団​​や、欧州議会の複数の議員たち、そして、オーストラリア政府も懸念を表明している。米国務省のマーク・トナー(Mark Toner)報道官は、4月4日に、政府が「深く懸念している」と述べた。

「艾未未氏の逮捕は、国際社会を試している」とリチャードソンは言う。「この数年間で、融和政策と『静かな外交』では、中国政府が反体制活動家の弾圧を止めることはない、ということが明らかになっているのだから。」