ヒューマン・ライツ・ウォッチ プライバシーに関する声明 2019年7月23日

この「プライバシーに関する声明」は、皆様と皆様の個人データに関するヒューマン・ライツ・ウォッチの情報処理方法を示すもので、ヒューマン・ライツ・ウォッチがそのウェブサイトやモバイルアプリケーションを通じて個人データを収集し処理する際に適用されます。この声明はまた、ヒューマン・ライツ・ウォッチの情報処理方法を説明し、皆様がご自分の個人データに関して持つ権利を詳述するものです。

皆様の情報に関する責任の所在

「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」または「HRW」とはHuman Rights Watch, Inc.及び世界各地にあるHuman Rights Watch, Inc.の様々な構成組織を指し、Human Rights Watch, Inc.の提携慈善組織、支部、その他の公認団体が含まれます。

皆様の情報がいつどのようにして収集されるか

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、皆様が以下のいずれかの行為をする際に皆様の個人データを収集します。

 

・ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトの閲覧、またはHRWのモバイルアプリケーションの使用

・寄付

・ボランティア

・HRWの行事への参加申し込み

・インターネット上の嘆願書への署名を通じたキャンペーンへの参加

・問い合わせ

・インターネット上の出版物の購読

・雇用のための応募

収集される個人データ

ヒューマン・ライツ・ウォッチは以下の種類の情報の一部または全部を収集することがあります。

・個人データ       ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトは、個人データ、個人を直接特定する、または個人を特定するために合理的に使用されうる情報を収集することがあります。個人データの例として氏名、連絡先、電子メールアドレス、またこれらの識別情報と合わせて得られるその他の情報が挙げられます。

・モバイル機器情報       携帯電話や携帯機器を通じてヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトにアクセスした場合、お使いの機器の固有識別子とモバイル機器のIPアドレスのほか、お使いの機器のオペレーティングシステムやモバイル通信会社、位置情報についての情報も収集することがあります。また携帯電話番号の提供に同意を求めることもあります(例えば、プッシュ通知の送信を可能にするため)。

・その他の情報   場合によっては、ヒューマン・ライツ・ウォッチは個人を直接特定しないが個人または特定の機器に対応しうるその他の基本的情報を自動的に収集する可能性があります。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトがどのように使用されているのかをより詳しく知るためのほか、ウェブサイトの改善や運営のためにこの情報を使います。自動技術にはIPアドレスや「クッキー」、ウェブビーコンを収集するためのサーバログの使用が含まれることがあります。ヒューマン・ライツ・ウォッチのクッキーの使用についてのより詳しい情報は、本声明の「クッキーその他のトラッキング技術」の項目をご覧ください。

ソーシャルメディア

皆様は、ソーシャルメディアのウェブサイトや、ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイト上にありソーシャルメディアのウェブサイトと連動しているプラグインやアプリケーションなどの機能を通じてヒューマン・ライツ・ウォッチと関わることができます。また、ヒューマン・ライツ・ウォッチでお持ちのアカウントをサードパーティーのソーシャルメディアサイトにリンクすることもできます。サードパーティーのソーシャルメディアサイトやプラグイン、アプリケーションを使って、またはそれらを通じて、ご自分のアカウントをヒューマン・ライツ・ウォッチにリンクさせたりヒューマン・ライツ・ウォッチに関わったりすると、ヒューマン・ライツ・ウォッチが皆様のソーシャルメディアのアカウントから一定の情報(例えば、氏名、電子メールアドレス、写真、ジェンダー、誕生日、投稿、「いいね」)を継続的に取得する許可を与えることになる場合もあります。

ソーシャルメディアサイトやプラグインその他のアプリケーションを通じてヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトに関わる際に情報を投稿すると、プライバシー設定によってはその情報がインターネット上で公開されることがあります。一部のソーシャルメディアサイトでは、プライバシー設定機能を使ってどの情報を公開するかを管理することができます。プライバシー設定の変更の仕方やサードパーティーのソーシャルメディアサイトが個人を特定できる情報をどのように扱っているかについてより詳しく知りたい場合は、それぞれのサイトのプライバシーに関するヘルプ、プライバシーに関する通知、利用規約を参照してください。

個人データの使用方法

ヒューマン・ライツ・ウォッチは提供された個人データを次の目的のために使います。

・個人に合わせたサービスを提供するため

  •  
  •  
  • ヒューマン・ライツ・ウォッチの活動について要請のあった、または受信に同意のあった情報を送信するため

個人データの共有

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、本声明で定められた場合を除いては、ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトやモバイルアプリケーションを通じて収集する情報を売る、共有する、その他の方法での開示をすることはありません。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、皆様のお役に立つために、皆様の個人データをヒューマン・ライツ・ウォッチ内の他の団体、部門、支部と共有する場合があります。これには本声明に明記された活動のための場合も含まれます。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、皆様が関心を持つ可能性があると考える提携団体や第三者団体と個人データを共有することがあります。但し、皆様がそのような共有に同意し、そのような共有が適用可能な法によって認められている場合に限ります。このような情報の共有を希望する場合には「ご自分の情報に関する選択肢」をご覧ください。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ウェブサイトのモニタリングや維持などヒューマン・ライツ・ウォッチに様々な商業サービスを提供し、皆様にサービスや情報を提供するために連携している第三者に情報を開示することがあります。また、ヒューマン・ライツ・ウォッチまたは他の誰かの権利や財産に対する侵害または妨害をしている可能性のある人を特定する、その人に連絡する、またはその人に対して法的手段を取るためにそのような開示が必要であると考える理由があるときを含む特別な場合に、収集した情報を開示することがあります。ヒューマン・ライツ・ウォッチはまた、法によって要請されると考える時や、誰かの身体的安全に対する脅威を伴う状況でも情報を開示することがあります。法による要請がある場合、そのような情報の共有は各サービス提供者との合意に従って行われ、そのサービス提供者にデータ保護要件を守ることを求めます。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、 (i) 法、法的手続き、法令、規則、規制、職業上の基準による要請がある時、または召喚状、捜査令状、その他の法的要請に応じるため、(ii) 警察当局のほか、政府からの公式な要請に応じるため、(iii) 身体的危害や経済的損失を防ぐために開示が必要または適切であると考える時、(iv) 違法行為やその疑いについての調査に関連して、または (v) ヒューマン・ライツ・ウォッチが解散するか、その他の方法で再組織された場合に、個人データを開示することがあります。また、監査や、苦情や安全に対する脅威の捜査のために開示が必要になることがあります。

ヒューマン・ライツ・ウォッチのクッキーや同様の技術の使用についての詳しい情報は、「クッキーその他のトラッキング技術」の項目をご覧ください。

法による要請と商業上の移転

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、 (i) 法、法的手続き、法令、規則、規制、職業上の基準による要請がある時、または召喚状、捜査令状、その他の法的要請に応じるため、(ii) 警察当局のほか、政府からの公式な要請に応じるため、(iii) 身体的危害や経済的損失を防ぐために開示が必要または適切であると考える時、(iv) 違法行為やその疑いについての調査に関連して、または (v) ヒューマン・ライツ・ウォッチが解散するか、その他の方法で再組織された場合に、個人データを開示することがあります。また、監査や、苦情や安全に対する脅威の捜査のために開示が必要になることがあります。

個人データの国境を越えた移転

ヒューマン・ライツ・ウォッチはグローバルな組織であり、一定の個人データを地理的な境界を越えて、ヒューマン・ライツ・ウォッチのために他国で活動するヒューマン・ライツ・ウォッチの諸団体、認可されたサービス提供者、また商業上のパートナーに適用可能な法に従って移転することがあります。ヒューマン・ライツ・ウォッチの提携団体や第三者団体は国内または国外に拠点を置いており、外国の中にはデータ保護の適切な基準に達しているという欧州委員会の認定を受けていないところもあります。

個人データを移転する際には、ヒューマン・ライツ・ウォッチは皆様の権利と保護も一緒に移転されるように様々な法的仕組みを使います。

・ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ヒューマン・ライツ・ウォッチ内の移転に欧州委員会の標準的契約条項に基づく協定が適用されることを保証します。この標準的契約条項により、各当事者は、個人データがヒューマン・ライツ・ウォッチ内部のどこにあるかに関わらず適切で首尾一貫した水準の保護を受けることを保証する契約義務を負います。

・個人データをヒューマン・ライツ・ウォッチ外、またはヒューマン・ライツ・ウォッチのサービス提供を助ける第三者に移転する場合には、ヒューマン・ライツ・ウォッチは個人データを保護する契約上の約束を移転先から取り付けます。そのような契約上の約束は、EU 内から米国に移転された個人データの保護に関するEU-USプライバシー・シールドや欧州委員会の標準的契約条項など、よく知られた枠組みである場合があります。

・警察や監督機関から情報提供の要請があった際には、ヒューマン・ライツ・ウォッチは個人データの開示に先立ち、そうした要請の正当性を慎重に検討します。

個人データを移転する先の国の例として米国、英国、そしてインドが挙げられますが、これらの国々に限られるものではありません。

皆様の情報が国外の受信者に開示されるかどうかについてより詳しく知りたい場合には、下記の通りヒューマン・ライツ・ウォッチに連絡してください。皆様には、上記のように移転された個人データの適切な保護を保証するためにヒューマン・ライツ・ウォッチが設けた予防策(関連する契約義務のコピーも含まれますが、商業上の守秘義務のために編集される場合があります)についてより詳しい情報をヒューマン・ライツ・ウォッチに求める権利もあります。

子どもからの情報収集

ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトは16歳未満の子どもに向けたものではありません。ヒューマン・ライツ・ウォッチは16歳未満の子どもから故意に個人データを収集することはありません。16歳未満の子どもである場合には、ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトを通じて個人データを送信しないでください。ヒューマン・ライツ・ウォッチが誤って16歳未満の子どもから個人データを受信したと考える理由がある場合には、直ちに privacy@hrw.org に連絡してください。

ご自分の情報に関する選択肢

皆様はprivacy@hrw.org に連絡する、または本声明に記された指示に従ってご自分の情報を更新、修正、または変更することができます。ヒューマン・ライツ・ウォッチが送るマーケティング用電子メールにある購読停止のリンクまたはその他の指示をクリックする、または下記の連絡先に連絡することでマーケティングの案内を受け取らない選択をすることもできます。

クッキーに基づいた宣伝に関して、デジタル広告連合(Digital Advertising Alliance)が、参加するネットワーク広告企業の一部または全部が出すインタレストベース広告について消費者が受信停止(オプトアウト)をすることができるウェブサイトを運用しています(www.AboutAds.info/choices/)。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、皆様との連絡の手段とどのような個人データを取得し他者と共有するかについて、一定の選択肢を提供しています。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、個人に関する情報の提供があり、その情報をマーケティング目的で使用する意図がある場合には、宣伝の電子メールやSMSメッセージ、電話連絡、郵便を受け取るかどうかの選択肢をその情報の提供者に提示します。皆様はいつでも、ヒューマン・ライツ・ウォッチに連絡してヒューマン・ライツ・ウォッチのインタレストベース広告やマーケティングの受信を停止することができます。

通信に関する設定を更新するには

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、通信に関する設定についての情報を皆様に提供するために合理的な手段を講じています。皆様は以下の方法で通信に関する設定を更新することができます。

ニュースレター            E−ニュースレターなど電子的な通信を受け取りたい場合には、その通信に記載のある指示に従っていつでも購読を停止することができます。

モバイル機器    モバイル機器でヒューマン・ライツ・ウォッチからのプッシュ通知を受け取ることを選択していたが今後は受け取りたくない場合には、その機器またはアプリケーションの設定を通じて受け取り方法を変更することができます。モバイルアプリケーションによる情報収集を今後は止めたい場合には、お持ちのモバイル機器にあるアンインストール機能の手順に従って当該アプリケーションをアンインストールすることができます。

・電子メール       電子メールの場合はprivacy@hrw.org、郵便の場合は350 Fifth Avenue, 34th Floor, New York, New York 10118 を使ってヒューマン・ライツ・ウォッチに連絡してください。現在の連絡先、お求めの情報、そしてご希望の変更内容を明記してください。

ヒューマン・ライツ・ウォッチが個人データを保持する期間

ヒューマン・ライツ・ウォッチが個人データを保持する期間は、その個人データを取得した目的とその個人データの性質によります。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、法律によってそれ以上の保持期間が認められる、または要請される場合を除き、本声明で述べた目的を達成するのに必要な期間、個人データを保持します。ヒューマン・ライツ・ウォッチは特定の状況において、苦情や異議申立てがあった場合にヒューマン・ライツ・ウォッチとのやりとりを正確に記録するため、または個人データやヒューマン・ライツ・ウォッチとのやりとりに関連する訴訟が起きる可能性があると合理的に考える場合には、個人データをより長い期間保持することがあります。

情報保護のための安全対策

ヒューマン・ライツ・ウォッチは皆様の情報を不正アクセスから保護するために手段を講じます。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトを通じて提供された情報の喪失、盗難、不正使用、不正開示、または不正変更を防ぐために合理的な対策を講じていますが、絶対的な安全を保証することはできません。インターネットや電子メール、モバイルアプリケーションを通じた送信が完全に安全でエラーのない状態であることは決してありません。電子メールやウェブサイトを通じて情報を送るときには必ず注意し、どの情報をヒューマン・ライツ・ウォッチに提供するかを決める際には特に慎重を期すことをお勧めします。

ヒューマン・ライツ・ウォッチがリンクしているウェブサイト

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、リンクしているウェブサイトについて責任を負いません。ヒューマン・ライツ・ウォッチは第三者のウェブサイトや資料の内容を保証するものではなく、それらについて責任も負いません。ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイト上のリンクを通じてアクセスできるウェブサイトであっても、ヒューマン・ライツ・ウォッチと提携しているウェブサイトでなければ、そのウェブサイトに本声明は適用されません。第三者のウェブサイトで情報を提供する前に、当該ウェブサイトのプライバシーポリシーを確認することをお勧めします。

一般データ保護規則

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、下記を含む法的根拠がある場合にのみ個人データを収集し、取り扱います。

・正当な利益       ヒューマン・ライツ・ウォッチは、皆様と通信し皆様とのやりとりを管理する正当な利益に基づいて個人データを取り扱います。

・適用可能な法の遵守や契約の履行   ヒューマン・ライツ・ウォッチは、契約の履行のため、または関連する法的義務を果たすため(裁判所や監督機関に対して開示をしなければならない場合など)に必要に応じて個人データを取り扱います。

・公共の利益       ヒューマン・ライツ・ウォッチは公共の利益において行われる職務の遂行(人権侵害の調査など)のために皆様の個人データを取り扱います。

・同意       限定された状況下で、ヒューマン・ライツ・ウォッチは皆様の同意を根拠として特殊な種類の情報を取り扱い、同意を得てから電子的な案内をお送りします。

EUデータ主体の権利

EUデータ主体である方には、本項目「EUデータ主体の権利」に下記の通り記された権利があります。これらの権利を行使するには、申請内容の詳細を電子メールでprivacy@hrw.orgに送ってください。

アクセス権      ヒューマン・ライツ・ウォッチがご自分について持っている個人データを取得する権利があります。

 

・訂正権  ご自分の個人データが不正確である、または古くなっている場合、ヒューマン・ライツ・ウォッチに修正を求める権利があります。

 

・忘れられる権利(削除権)   一定の場合、個人データを削除させる権利があります。個人データが収集された目的のために必要でなくなっており、ヒューマン・ライツ・ウォッチにその情報を処理するその他の法的根拠がない場合にのみ削除ができます。

 

・取り扱いに対する異議を述べる権利                       適用可能な法により認められる場合を例外として、正当な根拠に基づきいつでも個人データの取り扱いに異議を述べる権利、または監督機関に異議を申立てる権利があります。異議が述べられた場合、ヒューマン・ライツ・ウォッチには異議を述べた人の権利と自由に優先されるやむを得ない正当な利益を有することを示す機会があります。

 

・取り扱いを制限する権利       次の場合に限り、個人データの取り扱いを制限する権利があります。

          ・個人データの正確性に疑義が提示されている場合、ヒューマン・ライツ・ウォッチにその正確性を証明する機会を与えるため、または

・取り扱いが違法であるが、データ主体が個人データの削除を求めない場合、または

・個人データが収集された目的のためには必要でなくなったが、ヒューマン・ライツ・ウォッチが法的主張を立証、行使、または抗弁するために必要である場合、または

・データ主体が個人データの処理に異議を述べ、その異議に優先される根拠の正当性が争われている場合。

・データポータビリティの権利          データポータビリティの権利があります。これによりヒューマン・ライツ・ウォッチは、一般的に使用され機械により読み取り可能な形式で個人データをデータ主体または別の管理者に提供する義務を負います。但し、その情報の処理が(i)データ主体の同意または(ii)データ主体が当事者である契約の履行に基づく場合に限られます。

・自動的な決定を拒む権利      データ主体は、データ主体にとって法的または重大な影響を生む自動的な決定にのみ基づく判断に服さない権利があります。但し(i)データ主体が当事者である契約のために必要である場合、(ii)法で認められている場合、(iii)データ主体の明示的な同意に基づいている場合を除きます。

 

そのような決定が認められている場合でも、データ主体はその決定に異議を述べ、ヒューマン・ライツ・ウォッチに人間による介入の行使を求めることができます。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは現在、個人データを取り扱う際に自動的な決定を使っていません(プロファイリングを使った自動的な決定を含みます)。ヒューマン・ライツ・ウォッチが自動的な決定を対処法として使うことがあれば、データ主体は、個人データに基づく決定が自動化されたプロセスのみを通じて行われることがないよう求める権利を有します。

カリフォルニア州のプライバシー権

カリフォルニア州民法第1798.83条により、カリフォルニア州の住民は、商業関係を確立した事業者に対し、その事業者が第三者のダイレクトマーケティングのためにその第三者と共有した個人データの種類についての一定の情報と、その事業者が過去12ケ月間にそのような情報を共有した第三者の名称と住所の開示を求めることができます。この請求は一年に一度することができます。電子メールの場合はprivacy@hrw.org 宛に、郵便の場合はHuman Rights Watch 11500 W. Olympic Blvd., Suite 608 Los Angeles, CA 90064 USA 宛に請求してください。

クッキーその他のトラッキング技術

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトを誰がどのように使用しているかをよりよく理解するためにクッキーなどのトラッキング技術やサードパーティーによる解析ツールを使います。これらのツールはお使いの機器またはウェブサイトから送られる情報や、ウェブサイト改善の助けとなるその他の情報を収集します。収集された情報はデータの解析や追跡、特定のコンテンツの人気の測定、皆様のインターネット上での活動をよりよく理解するなどのために使用されることがあります。

1.サードパーティー解析ツール

 

  • はウェブサイトやブログにリアルタイム解析を提供するインターフェースです。チャートビートは分ごとに閲覧者、ロード時間、参照サイトを追跡します。ヒューマン・ライツ・ウォッチはウェブサイトの改善のためにこの情報を使っています。チャートビートがこの情報をどのように使っているかについてはhttps://chartbeat.com/privacyをご覧ください。チャートビートは経時的に、また異なるウェブサイト上での皆様の活動を追跡することがあります。

 

  • Googleアナリティクスによって、ヒューマン・ライツ・ウォッチはウェブサイトを誰がどのように使っているかをよりよく理解することができます。Googleアナリティクスはクッキーを使って閲覧したウェブサイト、クリックの位置、ウェブサイトのページでの滞在時間、IPアドレス、使用するオペレーティングシステムの種類、位置に基づくデータ、使用機器のID、検索履歴、ジェンダー、年齢、電話番号などの情報を収集し保存します。Googleアナリティクスがこれらの情報をどのように使っているかについては http://www.google.com/policies/privacy/partners/ をご覧ください。Googleアナリティクスのオプトアウト・アドオンについての情報はhttps://tools.google.com/dlpage/gaoptoutにあります。Googleは経時的に、また異なるウェブサイト上での皆様の活動を追跡することがあります。

 

Deep.BIによって、ヒューマン・ライツ・ウォッチはウェブサイトを誰がどのように使っているかをよりよく理解することができます。Deep.BIはjavascriptコードを使ってヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイト内の閲覧ページ、閲覧の日時、閲覧時間といった情報を収集、保存するほか、機器識別番号やクッキーを使って閲覧者を特定し、好みや様々な設定を記憶します。ヒューマン・ライツ・ウォッチはサービスの向上と本声明に明記された目的のためにこの情報を使います。Deep.BIがこの情報をどのように使っているか、またDeep.BIからのオプトアウトについては http://www.deep.bi/privacy/をご覧ください。

2. クッキー、ウェブビーコン、その他の技術

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、サードパーティーとともに、クッキー、ローカルストレージオブジェクト、ウェブビーコンその他の技術を使います。これらの技術はウェブサイトのトラッキング、解析、パーソナライゼーション、最適化のために使用されます。ヒューマン・ライツ・ウォッチがウェブサイト上でクッキーその他のトラッキング技術を使うのは、将来よりよいウェブサイト閲覧体験やツールを提供できるようにするために、一人一人に合わせた情報を提供し、ウェブサイトのトラフィックやインタラクションについての総計データを収集できるように皆様の好みや関心を理解し保存するためです。

・クッキーは、(許可されている場合)ウェブブラウザを通じて皆様のコンピュータに送信、保存される小さなファイルで、ウェブサイトまたはサービスプロバイダのシステムが皆様のブラウザを認知し、一定の情報を取得、記憶することを可能にするものです。お使いのブラウザにクッキーの受け入れを停止するよう指示することができます。しかしクッキーを受け入れないと、ウェブサイトの全機能性の全部分を使うことができなくなる可能性があります。パーシステントクッキーはブラウザが閉じられた後も閲覧者のコンピュータに残ります。セッションクッキーは閲覧セッションの間だけ存在し、閲覧者がブラウザソフトを閉じるとコンピュータから消えます。(ローカルストレージオブジェクトとしても知られる)Flashクッキーは閲覧したウェブサイトによって閲覧者のコンピュータ上に作られる可能性のあるデータファイルで、ウェブサイトが後に使うための情報を保存するための一つの手段です。Flashクッキーはコンピュータの中で通常のブラウザクッキーとは異なる部分に保存されます。Flashクッキーの保存を無効にすることができます。Flashクッキーの管理と無効化についてより詳しい情報は  http://helpx.adobe.com/flash-player/kb/disable-local-shared-objects-flas... をご覧ください。

  • はデータ移転のためにウェブページ上または電子メール中の画像を送信するための小さなプログラムです。クッキーを拒否することでウェブビーコンの情報取得能力を無効化することができます。

3. サードパーティーサービスプロバイダ及びビジネスパートナー

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ヒューマン・ライツ・ウォッチに代わってサービスを提供する(処理者として)雇ったサービスプロバイダに(ヒューマン・ライツ・ウォッチのクライアントに提供されたサービスまたはヒューマン・ライツ・ウォッチがマーケティングなど独自の目的のために使う情報に関連して)皆様の情報を開示することがあります。これらのサービスプロバイダは、ヒューマン・ライツ・ウォッチに代わってサービスを提供する、または法的義務に従うのに必要な場合を除いては、その情報の使用または開示を制限されています。これらの活動には上記の「個人データの使用方法」で述べられた使用方法のいずれかが含まれる可能性があります。

他のウェブサイトやモバイルアプリケーションから収集された情報及び「トラッキング拒否」に関する方針

お使いのブラウザや機器に「トラッキング拒否」機能がある場合があります。この機能によりウェブサイト、ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーションやサービス(行動ターゲティング広告を含む)の運営者に対し、経時的なインターネット上の活動または異なるウェブサイトやアプリケーション上の活動の両方またはいずれか一方をトラッキングしてほしくないと告げることができます。ヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトは現在「トラッキング拒否」要請に応じていません。このため、ヒューマン・ライツ・ウォッチやヒューマン・ライツ・ウォッチと連携している解析提供者その他のサードパーティーが皆様のヒューマン・ライツ・ウォッチのウェブサイトの使用中及び使用後のインターネット上の活動についての情報を収集する可能性があります。

連絡先

質問がある場合や、プライバシーや情報に関するヒューマン・ライツ・ウォッチの処理方法についてさらに詳しい情報をお求めの場合、オプトアウトや同意の撤回について話し合いたい場合、法または本声明の違反について異議を申立てたい場合には privacy@hrw.org に連絡をするか、350 Fifth Avenue, 34th Floor, New York, New York 10118 United States, Attention: Operationsに郵便を送ってください。

本声明の変更

ヒューマン・ライツ・ウォッチは本声明を更新することがあります。更新を行った場合には、本声明の最新版をこのウェブサイトに掲載し、このページの末尾にある更新日を変更します。

プライバシーに関するヒューマン・ライツ・ウォッチの方針を知っておくために、本声明を定期的に確認することをお勧めします。

本声明は2019年723日に更新されました。本声明は2018年5月25日付の「プライバシーに関する声明」に代わるものです。