マイケル・ガルシア・ボシュネク

子どもの権利局 上級顧問
Follow MichaelBochenek

ヒューマン・ライツ・ウォッチ 子どもの権利局の上級顧問。少年司法、難民・移民の子どもの問題を主に担当。これまで刑事司法制度・少年司法制度と刑務所の状況、難民や国内避難民の保護、移民労働者の搾取などの労働問題、LGBTの権利、そして子ども兵使用も含む武装紛争下の人権侵害について調査、報告を行ってきた。2006年12月から2015年2月までロンドンのアムネスティ・インターナショナル本部にて、政策部長、その後法・政策部長を務め、戦略的訴訟など様々な業務を担当。それ以前は、ニューヨークのヒューマン・ライツ・ウォッチ本部にて、子どもの権利局の顧問、上級調査員、局長代理を務めたほか、ワシントン州ヤキマ・バレーにて移民のための非営利法律事務所の代表としても活躍。ヒューマン・ライツ・ウォッチのワシントンDCオフィスにて、アメリカ局のレオナルド・サンドラー・フェローとして勤務した経験も持つ。ミシガン州立大学、コロンビア大学ロースクール卒。英語・スペイン語・ポルトガル語を話す。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ関連の執筆に加え、”Other Writing”にある出版物にボシュネクの論文等が掲載されています。