Skip to main content
しかし全面禁止条約の締約国増加、貯蔵弾の廃棄も進む

(ジュネーブ)− クラスター爆弾は2015年中にリビア、スーダン、シリア、ウクライナ、イエメンで使用され、一般市民に許されない被害を及ぼした、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書「

クラスター爆弾は2015年中にリビア、スーダン、シリア、ウクライナ、イエメンで使用され、一般市民に許されない被害を及ぼした、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書「クラスター爆弾モニター2015年版」内で述べた。これらのいずれの国も、全面禁止の国際条約には参加していない。
 

IOCは人権保護の新原則を施行すべき

(ニューヨーク)— 国際オリンピック委員会(IOC)は、2022年冬季五輪大会の開催国がその準備過程および開催期間中に、人権尊重の公約を確実に果たすようにすべきだ、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。

国際オリンピック委員会(IOC)は、2022年冬季五輪大会の開催国がその準備過程および開催期間中に、人権尊重の公約を確実に果たすようにすべきだ。

宗教的少数派の権利制限のため、旅券が発給停止に

(ニューヨーク)— 中国政府当局は、旅券発給の際に二層制度 (two-track system)を導入している。これにより、主に宗教的少数派が占める地域の住民ほぼすべてが、移動の自由を極度に制限されている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書内で述べた。

中国政府当局は、旅券発給の際に二層制度 (two-track system)を導入している。これにより、主に宗教的少数派が占める地域の住民ほぼすべてが、移動の自由を極度に制限されている。